読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然風景に魅せられて

風景写真を撮影しています。ヨーロッパ、マレーシア、そして長野県は信州の風景写真を中心に撮影しています。

ノイシュバンシュタイン城とホーエンシュバンガウ城の秋の風景

久しぶりのブログ更新になります。
旅行は11月2日に終えて帰ってきていました。
ブログでの報告が遅れてすみません。


さて、ヨーロッパを周ってきました。
主な移動手段は車でしたので沢山の街によることができました。
今回訪れた国は、ドイツ、オーストリア、イタリア、スイス、リヒテンシュタイン公国、フランスになります。
ただし日程も限られているので、全ての国にゆっくりと滞在できた訳ではありません。


おおまかな道のりは、ドイツのフランクフルトから南下してオーストリア西部、イタリア北部、
スイスは東部から入って主にグリンデルワルトを周って、フランスは東部から入り北上、ドイツに戻り帰国というルートです。
オーストリアなどは文字通り、車で駆け抜けた印象です。


そして肝心の写真ですが沢山撮ってきました。
自然風景は、長野県のそれに比べるとやっぱり少なかったのですが、
それにしてもスケールが違うものですね、本当に驚きました。


それでは撮ってきたヨーロッパの写真を、先ずはルートヴィヒ2世
有名なドイツのノイシュバンシュタイン城の写真。そして、ノイシュヴァンシュタイン城より眼下に望む、
ホーエンシュヴァンガウ城の写真やその付近の秋色濃い自然風景を掲載します。
ごゆっくりご覧ください。


使用機材は5D Mark II, EF24-105 F4L IS USM, EF70-200 F4L IS USMになります。



ノイシュバンシュタイン城

ノイシュバンシュタイン城(橋からのながめ)

渓谷にかかるマリエン橋から写しました。
よーく写真を見るとノイシュバンシュタイン城の下のほうが工事をしているのがわかるでしょうか。
ちょっとだけノイシュバンシュタイン城の工事は残念でした。



ノイシュバンシュタイン城から見える町並み


_MG_2066



ホーエンシュバンガウ城


ホーエンシュバンガウ城

ホーエンシュバンガウ城の左に見える湖がアルプ湖になります。



お城を見上げる


_MG_2096



町並み


ノイシュバンシュタインのまち



秋色


_MG_2106



湖と光


湖と光



秋のサイクリングロード


秋のサイクリングロード

ドイツは日本と違って年配の方のサイクリングが目立ちました。
聞いた話によると、ドイツは休日をアウトドアを楽しむ人たちが多いそうです。
健康的にもなれるし、自然風景は美しいし、良い習慣ですね。


ベンチと爽やかな青空


ベンチと青空と道



牧場風景


牧場風景



牧場と小屋


牧草と小屋



ノイシュバンシュタイン城への行き方(撮影スポット)

ノイシュバンシュタイン城の写真はマリエン橋にて撮影しました。
上に掲載した「町並み」写真の場所からバスが出ています。
マリエン橋はバスを降りてすぐの場所にあるので、体力の無い方でも楽しめるとおもいます。
(乗車時間はほんの5分ほど)
マリエン橋から撮った写真は最初の「ノイシュバンシュタイン」の写真になります。
渓谷にかかる吊橋の奥にはさらに山道が続いていたので、今度は行ってみたいですね。


帰りは下りだったのでバスは乗らずに歩いて帰りました。
帰りはゆっくり歩いて帰る人が多かったです。



もしよろしければ当ブログの今後の方向性についての、
匿名の投稿で1分ほどで回答できるますので、
下記のアンケートにご協力いただけますと嬉しいです。


広告を非表示にする