自然風景に魅せられて

風景写真を撮影しています。ヨーロッパ、マレーシア、そして長野県は信州の風景写真を中心に撮影しています。

白鳥飛翔(モノクロ写真)

孤高


_MG_6206



飛翔


_MG_6338



舞い


_MG_6315




写真を撮る時にまず意識することは、心の動き。
心がどれだけ揺れるかを、からっぽにした頭で見ようと考えて、見る。
次に意識するのは構図。その次が私はカラー、色です。


カメラを初めてまともに扱うようになったマレーシアの旅行。
そこに青々と茂った植物達のギラギラとした生命力溢れる色があった。
空も、川も、そしてその時は花の色が目にとまった。


どうやったらこの美しい花の色を際立たせて撮れるだろうかと、
全く無いカメラの知識を探っていたが、何もないのでアイディアが浮かぶはずもなく、
何枚かパシャパシャ撮るが全然うまくいかない。
途方に暮れて友人を見ると優雅にハンモックの上で揺れているのである。。


買ったばかりのカメラをぎこちなく操作し、撮ったばかりの写真を確認する。
すると何枚か撮ったうちの1枚が、とても綺麗に感じた。うん、これはいい写真。
ただその写真、ピントがボケボケだったので、これでピントがあえばいいなと、同じ写真を真似て撮った。
それがこの写真。


彼岸花の蕾(たぶん)


エレガント


この写真、日本に戻ってから気づいたのだけど彼岸花の類みたい。
美しいために花の品種が関係あるわけもなし、僕の心は魅了された。
なんだこの色。


今思えば単純にバック(背景)処理を意識したマクロ撮影と同じなんだけど、
たまたまが必然に撮れるようになってみて、色の大事さに気づいた。
そんな訳で今回は逆に色を排除してみた。


単純にモノクロではおもしろくないから、
チャンネルミキサーで赤、緑、青の色調もいじりながらのモノクロ化。
なんだろう、よくわからない迫力があるような気がする。
その「なんだかよく分からない迫力」を感じてもらえたら幸いです。


これからもう少し寒くなったら、
とりあえず高くて寒い場所へ撮影に行きたい。
白鳥の飛翔に負けないように。高く寒いばしょへ移動して。




もしよろしければ当ブログの今後の方向性について、
匿名の投稿で1分ほどで回答できる、
簡単なアンケートにご協力いただけると嬉しいです。


広告を非表示にする