読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然風景に魅せられて

風景写真を撮影しています。ヨーロッパ、マレーシア、そして長野県は信州の風景写真を中心に撮影しています。

立山バックカントリー

立山バックカントリー初滑りへ行きました。

バックカントリースキー(スノーボード)を初体験しました。
今年はいくつも山へ登ったので勢いに乗ってバックカントリーです。


スノーボードを積める装備が無かったので、
スノーボードを取り付け可能なバックパックを購入しました。
新製品のOSPREY【オスプレー】 コード38です。
格好良いデザインに、背面から取り出せる機能性の良さが一押しです!


ネットでも大人気なため在庫切れのお店が多いです。
私は運よく、白馬のブルークリフさんで入手できました。


朝4:00に、とっても美味しいコーヒーを淹れてくれるお洒落な
乗鞍のスプリングバンクさんに今回お世話になりました。
乗鞍高原から満天の星空を眺めて、富山県立山へ向けて出発です。



立山駅にて立山 - 室堂往復チケット(4,190円)を購入。ケーブルカーに乗って美女平(標高977M)へ。
美女平では、10kg以上の荷物またはスキー(スノーボード)板1つにつき300円を支払います。
バスが出るまで時間があったので付近を散策しました。


DPP_0585
こんなバスに乗ります。森から溢れる光が美しかったです。


DPP_0586
大きな杉の木です。美女平の美女杉というそうです。


美女平の大きな杉の木には美女杉伝説がありました。
何でも美女杉伝説の詩を三度唱えて祈れば男女を問わず、我が恋は成就する・・・そうです。

美しき 御山の杉よ 心あらば
わがひそかなる祈り ききしや


読んでしまったのですから、三度祈ったのは言うまでもありません。
(恥ずかしいので小声で)


バスで1時間ほど走るとそこは白銀の世界が広がっていました。


_MG_7079
バスの車窓から


DPP_0589
雪原


DPP_0588


一面真っ白な雪原は、抜けるような青空が眩しいです。

あー、なんて贅沢なんだと思いながら、
はやる気持ちを抑えて記念撮影です。


DPP_0587


山好きな皆が集まったおかげか、山の神様が快晴と無風をプレゼントしてくれました。
澄み切った青空に、輝く雪面はウインタースポーツ好きなら言葉になりませんよね。


DPP_0590
雪面はスノーシューを履いて進みます。


DPP_0591
太陽の光が眩しいです。


立山の主峰「雄山」の山頂付近までゆっくり登っていきました。


DPP_0593
「雄山」の山頂付近にて撮影


真ん中にポツンと見えるのが最初の写真にある山小屋です。
足はパンパンになって疲れていましたが、ゲレンデにない感動は本当に大きく素晴らしいです。



足場の限られた場所で、目の前に広がるこの雄大な景色を見ていると、
怖くなって恐怖を感じる自分と、いつまでもそこに留まって眺めていたい自分がいました。


↓写真いいねと思ったら、応援クリック貰えると嬉しいです。

人気ブログランキング

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

広告を非表示にする